佐藤竹善 「こんなに美味いの?」と驚いた「名物」とは

印刷

   <テレビウォッチ>ミュージシャンの佐藤竹善が2009年6月24日のブログで、ある「名物」を食しての驚きをつづっている。

   マネージャーの母親が、千葉の菜園へ行ったときのお土産が「朝掘り ゆで落花生」。落花生といえば千葉の「名物」、佐藤も千葉のゴルフ場に行った際、「殻付きのまま茹でた落花生がつきだしで出てきた」のをイメージして食べたという。だが、その味は想像以上だったようで「ぐえ~~!! こんなに美味いのコレ!?」と「大びっくり」したそう。モノ自体のおいしさと、粒の大きさが相乗効果で「いかに美味いかがハッキリ舌に伝わってくる」とし、「高水準のはやっぱすごいわ!!」と感心。「逸品のご紹介、誠に痛み入ります」とマネージャーの母親に感謝し、読者にも「食べてみなさい!!」とのメッセージで結んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中