東国原「元妻」も政界参入? 「宮崎県知事に立候補しようかと」

印刷

   <テレビウォッチ>出馬させてあげようとしたら、逆に法外な条件を突きつけられ、自民党はすっかり立腹、ご破算――かと思いきや、日テレ政治部記者の青山和弘の解説によれば、そう単純な話でもないそうだ。

毒薬でもあります

   支持率低迷に悩む麻生政権にとって、それでも東国原の人気は捨てがたい。いや、「喉から手が出るほど」ほしいのだという。それが証拠に、東国原の言動に対して「首相はあまり反発してない」。東国原の国政進出の野望は周知の事実であり、両者は相思相愛。「条件を下げてもらって、出馬にこぎつけたい」のが自民党(政権)、とくに麻生や古賀誠選対委員長の考えだそうで。

   「(東国原出馬は)利用価値はあるけど、毒薬でもありますね」と、テリー伊藤はあくまで東国原にすがりつく自民党に懐疑的。

   話をふられた、番組コメンテイターで東国原の元妻のかとうかず子が「わたしは宮崎県知事に立候補しようかと…」と「宣言」するなど、「政局」は混迷の度をさらに深めている。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中