2018年 7月 19日 (木)

石川遼優勝で大盛り上がり 「激賞」されたポイント

印刷

   <テレビウォッチ>17歳の石川遼が、きのう(6月28日)のミズノオープンよみうりクラシックで今季初優勝し、7月16日からの全英オープン出場を決めた。日本選手では最年少になる。

こんなに若いのに

   14アンダー単独トップでのスタートだったが、途中12番のミドルホールでOB2つの9をたたき、並ばれてしまった。ところが16番のロング、617 ヤードを2打でエッジまで運び、30ヤードのチップイン・イーグルで突き放す。最後18番もバーディーで締めくくって堂々の勝利だった。

   会見では、「最後は自分自身との闘いでした。この4日間で成長できた」と答えたが、「ここまでいろんな人に支えてきてもらって」というのを忘れなかった。

   今季はこれまでパッとしなかった。6戦出場で、最高が29位、予選落ち2度。

   「朝ズバッ」には4月29日にも、青木功(66)との対談で出ていた。予選落ちのあとで、青木から「今何でもやれる時期なんだからやって」と励まされ、みのの問いかけに「予選落ちは悔しいですが、それがなければ、今のボクはない」などと答えている。

   みのもんたはもう、べたぼめだ。「必ず、支えられてという。それにホントさわやかですね」

   横江公美が、「すてきですね。こういう息子がいたらいいだろうな」

   めずらしく竹内香苗が、「どうしたら、こんなに精神力が強くなるのかなと毎回思いますね。こんなに若いのに」

   「17歳ですよ」とみの。

   蓮見孝之までが、「わたしは何も考えずに生活してましたね(笑い)。OB2発ですよ。そこから立て直すなんて」

   みのは「ぼくだったら、このホールギブアップです」(笑い)

   石川のコメントは、「頭が真っ白になりましたけど、リセットして、そこからあきらめずにやりました」。みのが「リセットして」と読み上げて、「わたしも人生リセットできたらなぁ(笑い)、絶対プロゴルファーの道を……」(爆笑)

   コメントの続きがあって「全英のキップがつかめたのはラッキー以外のなにものでもないと思います」。

   みのは「とんでもない。彼の練習量たるや、すごいらしいですよ。試合後も練習、朝も練習……しかも部屋の中では、パットをカベの直前で止める練習してるんだと」と蘊蓄を傾ける。と、高畑百合子が「そういってましたよね」とネタをばらしちゃった。(爆笑)「ああ、そうですか」とみのがすねる。

   めげないみのは、「正月特番かなんかで、遼君とプレーして、彼がなにを語るか、みの企画で出してみようかと」(笑い)

   末吉竹二郎が、「早くアメリカへいって、世界の檜舞台でやってほしい」

   みのは、「タイガー・ウッズが『ヘイ、遼』と声をかけたというんでしょ。わたしもそばにいたけど、素通りされました」(笑い)

   まあ、なんにしても、爽やか大歓迎だ。あっちの方もそうなってほしいね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中