東国原知事に「無責任すぎる」 「県改革に道筋」への疑問

印刷

   <テレビウォッチ>一時は番組に出演するたびに、「噴火」していた番組コメンテイターでコラムニストの勝谷誠彦。最近は毛を刈られたあとの羊のように大人しい。いわゆる番組の空気を読んでしまってるようで残念だ。

…なんでしょうね。東さんは

   このたびの東国原英夫知事のソーリ騒動では、テリー伊藤も勝谷の意見を聞くのを楽しみにしていた。以前の衆院立候補騒動では「宮崎県民を裏切るな!」とえらい爆発的な権幕だったのである。

   今日(6月29日)、勝谷の持論は変わってなかったが、口調はわりと冷静だった。「『改革の道筋はつけた』というが、1年や2年でできるはずがない」。それほど地方の利権や因習は強固なんである。現状での転出は「ボクが宮崎県民だったら、あまりに無責任すぎる」

   司会の加藤浩次は東国原の主張を代弁して言う。「そこで、できないことが多すぎるから、国政に回って地方を変えていくっていう考え方なんでしょうね、東さんは」

   加藤の話に、勝谷の動きがとまった。反論は噴火の誘因である。いよいよかと思われたが、勝谷はなぜかそのまま彫像のように固まっていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中