2018年 6月 18日 (月)

上原浩治 「どうやったら勝ち星が付くんやろうか?」

印刷

   <テレビウォッチ>右肘の不調から故障者リスト入りしている、MLBボルチモア・オリオールズの上原浩治投手がブログで、ショックな胸の内を明かしている。記事は2009年6月29日の更新だ。

   「こんなことになるとは・・・」と切り出した上原投手は、2度目の故障者リスト入りに、「前回は仕方なくって感じやったけど、今回はちょっとショックやわ」。右肘の不調は、試合中から感じていたようだ。

「投げた次の日、肘が腫れていたことにビックリしたよ。
たしかに痛いって思いながら投げていたし、スピードも出なかったからね。
もっと早くに止めていた方が良かったのかな・・・」

   肩・肘は大丈夫だと思っていただけに、気落ちもしている。現在はキャッチボールもしていない状況で、私生活でも痛みが出るとか。ただ、病院へは行っていない。「勝手に大丈夫って思ってるよ」。

   ここまで上原投手は12試合に登板し、2勝4敗。先発の役割を果たす好投もあった。が、なかなか勝ち星に結びついていないのが悔しく、悩みでもあるのだろうか。こう、つぶやく。

「どうやったら勝ち星が付くんやろうか?
いままでの投球は決して悪くないんやけど、運がないのか野球の神様に嫌われてるのか・・・」

   いまはただ、前半戦復帰を望む上原投手。「辛いわ。悔しいわ。くそォ~~~~」という思いをかかえながら。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中