「コントローラーなし」ゲーム まずは動画で「体験」を

印刷

   <テレビウォッチ>任天堂のゲーム機「Wii」がボタンに頼らない、腕ごと動かせるコントローラーで市場を席巻してからまだ数年。米マイクロソフトは「Project Natal」で、大胆にもゲーム機からコントローラー自体をなくす計画を進行させているようだ。

   米国のゲーム見本市開催に合わせて公開されたコントローラー・フリーのゲームプレイ動画「Project Natal for XBOX 360」はネット上で大きな反響を呼んでいる。YouTube(ユーチューブ)では6月上旬の公開以来、約150万再生を記録。その他Natal関連の動画を含めると、優に数百万回レベルに達する勢いだ。

   そこで描き出されたXboxのプレイぶりは衝撃的。格闘技ゲームはテレビの画面の前で体を動かせば、その通りにパンチやキックが飛び出し、自動車はハンドルを切る真似をするだけで操作できる。

   スケボーゲームをやるときには自分が持ってる実物を取り込ませよう。スケボーをテレビの前に持ってきて、「スキャン!」と一声叫ぶと、形や色がゲーム内でリアルに再現。それを使ってプレイできるのだ。

   この機能を実現するのは、人間の動きを捉える小型カメラで、同時に音声認識機能も備えている。もはや、コントローラーは存在しない。

   動画に寄せられた1万件近くのコメントのなかには「いつ発売されるんだ?」「価格は?」「これが実現すれば、Wiiは意味ないな」と、興奮気味の書き込みが多く見られる。

   一方で、「このカメラは、過去のいかなるカメラをも上回る性能だね」といったコメントなど、今回の「イメージ」が、どこまで現実となるのか疑問視するような意見もあった。現時点では、具体的な発売時期等は明らかでない。

OP・コンチーネ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中