「宮崎にオメオメと帰るのか」 東国原知事の「行く場所」は?

印刷

   <テレビウォッチ>噂された東国原宮崎県知事の初入閣は「見送り」に。はたして衆院選出馬はどうなるのか? と番組は取り上げた。意外な感じがしたのは、以前は東国原の「自民党の総裁(候補)に」発言を高評価していたテリー伊藤が、今日(7月2日)は大いに批判的だったこと。

どうすんですか?東さん

   「政治生命、かかってますよね」と切り出したテリーは、皮肉な調子で東国原を突き放す。「内心は中央に行きたくて行きたくて仕方がない。もう宮崎に心はない。でも、自民党は条件を呑まない。どうすんですか、東さん」「カッコつけて条件出したけど、行く場所ないですよね。そのときにまた宮崎にオメオメと帰っていくんですかね」

   発言が政治家並によく変遷するテリーだが、政治家には「熱い思い」と死ぬ気の頑張りをつねに求めている。ダメならまあ宮崎県知事で――という二段構えはどうにも気に入らないようである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中