2018年 7月 19日 (木)

上原浩治 「いつ首を切られるか。ビクビクするわ」

印刷

   <テレビウォッチ>右ひじを痛めて故障者リスト(DL)入りしている米大リーグ、オリオールズの上原浩治投手が、右ひじ腱の部分断裂と診断されたと各社が2009年7月2日に報じている。同日のブログで上原は「何も言葉が出てこない」と悲痛な胸のうちを明かしている。

   「こんなに頑張って投げても、怪我ばっかりや」と上原。治療には2か月を要するという。「ほとんどシーズンが終わってしまうやん。何しにアメリカに来たんか」とその無念さをつづる。故障との「長い戦い」が始まることに「焦りは正直ある。いつ首を切られるか。ビクビクするわ」としながらも、「とにかく投げられるようにしないことにはね」と気持ちを切り替えようとしている様子。「ブログを見てくれている人たちには、ほんまに感謝してます。近況報告もなるべくするようにします」と結んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中