上原浩治 「いつ首を切られるか。ビクビクするわ」

印刷

   <テレビウォッチ>右ひじを痛めて故障者リスト(DL)入りしている米大リーグ、オリオールズの上原浩治投手が、右ひじ腱の部分断裂と診断されたと各社が2009年7月2日に報じている。同日のブログで上原は「何も言葉が出てこない」と悲痛な胸のうちを明かしている。

   「こんなに頑張って投げても、怪我ばっかりや」と上原。治療には2か月を要するという。「ほとんどシーズンが終わってしまうやん。何しにアメリカに来たんか」とその無念さをつづる。故障との「長い戦い」が始まることに「焦りは正直ある。いつ首を切られるか。ビクビクするわ」としながらも、「とにかく投げられるようにしないことにはね」と気持ちを切り替えようとしている様子。「ブログを見てくれている人たちには、ほんまに感謝してます。近況報告もなるべくするようにします」と結んでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中