美しすぎる美女3人 納得いかない「モテ男」(それでも恋するバルセロナ)

印刷
(C)2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.
(C)2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.

   <それでも恋するバルセロナ>バルセロナにバカンスにやってきた2人の女性、恋愛に真面目なビッキー(レベッカ・ホール)と恋愛に自由なクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。親友同士の2人が心を惹かれたのが、セクシーな画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)。3人の恋に、彼の元・妻、情熱的なマリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)が加わって……

   この映画の中で、3人の美女から愛されるモテ男フアンを演じたハビエル・バルデム。まず、彼の存在が疑問である。そこまでのイケメンでもなく、男らしいがセクシーという要素に欠けても見える彼が、なぜこの物語の中心で美女を口説きまくっているのか?

   やたらとワインを飲まし、しかもことごとく、相手をメロメロにし、恋に落とすことができるのか? スペイン人の大人の男の魅力とは、人それぞれ感じ方が異なるようだが、どうも好きになれない。

   一方で、3人の美女はそれをカバーするかのごとく美しく、それぞれの持ち味を生かしたキャラクターが輝いており、見ていて楽しいものだった。

   特に、この映画でアカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞したマリア・エレーナを演じたペネロペ・クルスの演技は必見。感情を爆発させ、時に猟奇的にも見える行動にでたかと思えば、溢れる愛情で周囲を包み込み、自分の手の中に入れてしまうことも。とにかく感情豊かな天才肌で、見るものを圧倒する女性を見事に演じきっていたペネロペ。彼女のせいで残り2人の女性の存在が薄くなるようにさえ感じた。この映画の見所はペネロペと言っても過言ではないだろう。

PEKO

   オススメ度:☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中