「珍獣ハンター」イモトに下された指令 24時間マラソンとヘビ

印刷

   <テレビウォッチ>24時間テレビでマラソンを走る芸人のイモトアヤコがスタジオへ。番組制作費削減の影響なのかはしらないが、とにかく地味な人選ではある。

最後まで楽しい感じで

   そんな視聴者の思惑はよそにして、あるいは意識してのことか、番組コメンテイターのテリー伊藤は「はじめて会うけど、いい顔してる。24時間、ホント楽しみだね」を口火に、「いい顔」「特別な才能がある」などとイモトをさかんに持ち上げ、盛り上げる。が、司会の加藤浩次によれば「去年のエドさんにも同じコト言ってた」。

   一方で、天才演出家は、24時間マラソンにややマンネリも感じているのか、「ヘビとか巻いて走ってほしい」「20キロごとにダンスして」など、思いつきの新提案を連発。さらには24時間マラソンの連綿と続く物語性を根底からくつがえそうと企んでいることが露わになった。

   「(ランナーを)見てると、最後苦しい顔すんですよ。(イモトは)いい顔だから、最後まで楽しい感じで走ってほしい」「ツラいときにツラい表情って、日本人誰でもやるじゃない。そうじゃない表情見せてほしい。価値観を変えてほしい」

   イモトのほうは、「あー」と合いの手は発していたものの、了解するようなコメントはなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中