橋下府知事とコラボになるか 東国原と国政と霞ヶ関

印刷

   <テレビウォッチ>橋下・大阪府知事が精力的に動いている。きのう(7月8日)は、全国知事会の政権公約評価特別委員会に出席して東国原・宮崎県知事にエールを送り、原口・民主党ネクスト総務大臣、公明党・北側幹事長と相次いで懇談、夜には首長連合の中田・横浜市長らとも会った。きょうは、古賀・自民党選対委員長と会談する予定だという。

応援したい

   『地方分権の鬼』を思わせるような行動力だが、『知事の乱』の広がりについては、「大きくはならない」(小木逸平キャスターのインタビューに対する橋下の答え)と、さほど期待していない口ぶり。橋下は政党のマニフェストを採点して、その結果で支持政党をハッキリさせたい意向のようだが、ほかの首長たちは気乗り薄らしい。

   三反園訓(テレ朝コメンテーター)によると橋下は、仮に支持政党を公表してそこが負けたら知事を辞めてもいい、と考えていると感じる。「地方が霞が関と対決すると負けてしまう。霞が関が弱い政治家を動かすしかないと(橋下は)考えているようだ」(三反園)。

   鳥越俊太郎は「地方分権は、日本の国のあり方、中央と地方の関係を革命的に変える大きな項目。地方に主権を持たせ、国のやることは外交と防衛くらいで、ほとんどのことは地方に、というくらいの変革の時期を迎えている、と感じて動いている橋下さんを応援したい」と述べる。

   一方、やくみつるは「今度の選挙が地方分権一点張りになってほかのことが見えなくなるのでは」と懸念する。

   それにしても、自己主張を貫こうと動きまわる東国原と橋下のエネルギーには圧倒される。が、健康面が心配だ。ことに東国原の頬のこけ方が気になる。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中