「世界一」大仏が見える アメリカ風な場所の不思議

印刷

   <テレビウォッチ>続々と登場するアウトレットモールだが、本日(7月9日)は茨城県阿見町に「あみプレミアム・アウトレット」がオープンしたという。

   番組は運営会社のチェルシージャパン社長の案内で、オープン前の施設内を探索。オレンジ瓦のクリーム色の建物に、ヤシの木。米国経由の南欧リゾート風の造りは、もう既視感ありありのアウトレットである。

   しかし、その背後には見慣れないモノがかなりの大きさで映りこんでいた。それは巨大な仏像。アウトレットの近所に立つ牛久大仏(通称)で、ギネスで世界一の高さに認定された実績を持つ。

   「アメリカンスタイルの建物の中からオリエンタルが見える。非常にユニークな場所」(同社社長)。

   大仏の見えるアウトレットとは、たしかにユニーク。さて、その御利益はいかならん。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中