「お泊まり」スザンヌ 好感度アップした理由

印刷

「田舎に泊まろう!」(テレビ東京) 2009年7月5日 19時~

   この日は3時間生放送スペシャルということで、お泊りするタレントも八代亜紀、中尾明慶、中村美津子といつもより人数が多い。この番組は自分で民家を訪ねてお泊り交渉するのだが、八代亜紀や中村美津子といった田舎で知名度のありそうなタレントは比較的楽勝だが、若手俳優の中尾明慶などは10軒以上も断られ続けかなり凹んでいた。もっとも、いつも順調に泊めてもらえては事前にスタッフが交渉しているのでは、とやらせ疑惑をもたれる恐れもあり、こういう回もあっていいとは思うが、さまよい歩く中尾が気の毒に思えた。
   さらに、この日はスペシャル恒例の生中継お泊り交渉もあったが1番面白かったのはスザンヌによる再会の旅だった。春のスペシャルで青森県十和田市に行ったスザンヌがその時に泊めてもらったご夫妻のところへお礼に行くというもので、驚かせようと突然行ったらお父さんがこれから通夜に行くところだったというハプニングもあった。ご夫妻をお父さんお母さんと呼び、仲良くひとつの部屋で川の字になって寝るスザンヌ。気さくで人なつっこい彼女の人柄がよく出ていた。この番組を見ていると、みんな帰る時に「また来るね」なんて言うけど、口だけで行くわけがない、と思っていたが、番組の企画とはいえ、ちゃんと約束を果たしたスザンヌは偉い。好感度アップ。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中