民主政権誕生すると アノまんじゅう新作なし??

印刷

   <テレビウォッチ>衆院解散関連の小ネタが紹介された。小泉元首相以降、新首相が誕生するたびに首相似顔絵をパッケージにあしらったまんじゅうを作っているメーカーが、新製品を出したのだそうだ。

241日?

   「決戦!!太郎241」。宇宙服のような格好をした麻生太郎首相の似顔絵などが箱に描かれている。「241」とは何か? にキャスター赤江珠緒は「241日?」と答えたが不正解。衆院議席の過半数の数字というのが正解。ちなみに麻生首相の就任は昨2008年9月末で、在任「241」日は、すでに無事経過している。まんじゅうは、「白黒をつける」という意味で白まんじゅうと黒まんじゅうの2種類が入っている。衆院選までの限定商品だ。値段は紹介されなかった。

   ここで獨協大教授の森永卓郎がプチ情報を披露した。「ここの社長は熱烈な自民支持者」なため、民主政権になったら新しいまんじゅうは出さないと言っているのだという。しかし、番組取材に対しては会社側は「しかるべき時期に判断したい」と答えたそうだ。

   新作まんじゅうは途絶えるのか、それとも…にはさして関心はない。それより「241」が時間だとしたら10日と1時間。ひょっとして麻生首相の在任カウントダウンになってしまうのでは、という気もしてきた。今ひとつ迫力はないが、まだ自民党内では、麻生降ろし・総裁選前倒しの声は収まっていないようだ。麻生首相にとっては、民主党との「決戦」の前に身内との「決戦」が待っているのかもしれない。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中