2018年 7月 18日 (水)

HV車に「着メロ」音? 「静かすぎ」対策の皮肉

印刷

   <テレビウォッチ>これでエンジンが掛かっているの? と思うほどモーター音が静かなハイブリッド(HV)車。「知らない間に後ろから車が近づきドキッとさせられた」という苦情が増えているという。

不協和音みたいに

   今朝(7月16日)の小倉キャスターのオープニングトークは、国交省が危険を知らせるための装置の検討に着手というニュースを受けて、「どういう音がいいですかね」と……

   まず笠井アナが「これって技術革新のすえに、そう(低音)なったのではないですかね~」と。

   確かに都市騒音の元凶の1つが自動車のエンジン音。なくなると危険というのも皮肉な話だ。

   では、条件反射的に危険を察知させながら、あまりうるさくない音ってどんな音??

   笠井は「自然なのはエンジン音。未来的な音なら、ヒュ~ヒュ~ヒュ~みたいな」。すかさず小倉が「うざくありません?」。

   ノンフィクション作家の岩上安身は「今、携帯電話って着信音とか選べるじゃないですか。いろんな音を出せるのもいい」。

   今度はタレントの眞鍋かをりが「いろんな音を一気に出したら不協和音みたいになりそうですよ」。

   どんな音がいいか、たかが音だが対応は難しい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中