東国原案件「マスコミがガタガタにした」 森元首相「本音」ポロリ

印刷
役員人事については?

   (朝ズバ1から続く)
   みの「東国原さんの件はどうですか?」
   森「相談は受けてました。本人は国政に意欲があってと。しかし言いにくいが、TBSも含めてマスコミがガタガタにしちゃった」
   与良「でも、自分を総裁にというのは驚いたでしょ?」
   森「そういう言い方はしてなかった。国会議員になれば総理になりたいのは当たり前で、手続きさえ踏めばだれでもなれる。そのあたりを分かってなかったんじゃないか」

   この件では、森元首相は東国原知事の秘書と会った後、カメラに向かって「キャラメルでもやろうか。マンゴーキャラメル」といっていた。
   その映像をみて与良が、「ぼくら何十年もやってるから、だいたい意味するところは分かるが……」
   森「あれは、たけし軍団の方だそうで、名刺もらって、エッと」と巧みにかわす。    与良「古賀さんの辞任は?」
   森「残念です。意外だった。信念の人ですからね。いろいろ我慢していたし」
   与良「我慢とは?」
   森「いろいろあるでしょう。調整することが我慢だから」
   与良「麻生さんとは距離があった?」
   森「さあー、同じ福岡だから……」
   与良「8月30日の決定にも関わっていなかった」
   森「これは、なるほどなぁと思ったけど、総裁で気をつけないといけないのは、党の機関をきちっと使うこと。麻生さんはこれをやらない。それより先にパラパラッと駆けつける人がいる(笑い)」「イタリアから帰ったときも、河村さんに、首相に最初に会うのはあなた、次は幹事長ですよといっておいたんだが……」

   みの「役員人事については?」
   森「わたしは、やれともやるなともひと言もいってない。ただ、(現執行部を)選んだのは麻生さんじゃないですかと。人事をやると必ず敵ができる。ことをかまえるとき、党内に敵を作らない方がいい」
   与良「日程が間に合うかどうか。またもし、与謝野さんが解散の署名を拒否したとき、罷免して突き進めますか?」
   森「進むんじゃないですか。信念もってますよ」

   ここで、森元首相に向けた街の声をいくつか。なかに、「麻生おろしをやめさせろ」「後見人とは訳がわからない。フィクサーというのはどうも」というのがあった。

   森「私は後見人でもなんでもない。要は心をひとつにできるかどうか。地方選でも、自民党を隠した選挙はみな負けている。自民党を支持していた人ががっかりするんです。それで負けたら、いさぎよく野党になればいい」
   与良「麻生さんで闘えると?」
   森「闘うべきです」。

   このあと、「これから混沌としてくる……」といったところで、時間切れ。しかし正味35分、2日続きの自民党「朝ズバッ・ジャック」だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中