「小沢・鳩山政権」今こそ検証すべし 「麻生政局もので横並び」の愚

印刷

   「日本は変わる!さらば自民」(現代)「麻生政権頓死」(朝日)「麻生自民党の最期」(文春)「怨念と妄執の解散ドラマ」(新潮)、ポストだけが少しはずして「鳩山由紀夫宰相政権投げ出しが『日本再建』の致命傷となる!」と、前号同様、民主党政権ができるという前提で特集を組んでいるが、ほかは、みんなタイトルも似ていれば、内容もほぼ同じ。

   週刊誌がバカにしていた、新聞の横並びと同じで読みたい気が起きない。なぜ、週刊誌はこれほど「個性」が薄れてしまったのか。

   フライデーまでが選挙予測をやっていたが、都議選で自民党が惨敗して、いよいよ解散も近いと意気込むのはわかるが、毎週、毎週、麻生首相がバカだ、アホだといわれては、こちとら読者は食傷を通り越して、正直なところ麻生の顔なんか見たくないのだ。

「小沢一郎 虚飾の支配者」にみる「仕組み」

   いまやるべきことは何か。民主党政権樹立がほぼ確定的なら、いま「徹底研究」しなければならないのは、あの男しかいないはずだ。

   そう、小沢一郎である。鳩山政権になろうと、彼は傀儡で、実質小沢政権が誕生するのだ。昔、中曽根内閣は田中曽根内閣と揶揄されたが、闇将軍・田中角栄がすべてを仕切っていた。だが、今度のはもっと始末が悪い。中曽根ほどのビジョンもなく、あるのは、政権欲だけだ。

   弟・邦夫氏はこういっている。

「兄は、政権欲が満々の政治家ですよ。(中略)兄は韓信の股くぐりが平気でできる。辛抱強いが故に、信念がどこにあるのかわからない。だって、自民党時代に、『おれは小沢一郎の密室政治・金権政治・派閥政治、この三つを壊すんだ』と言って新党さきがけを作ったんですよ。それなのに、小沢さんの軍門に降って、小沢さんのもとで徹底的に我慢して、後継者の立場を獲得した。その強かさには頭が下がるけど、信念がないですね」(現代)

   小(沢一郎)鳩(山由紀夫)政権ができたら何をしでかすのか。そこのところを選挙前に問わないで、ばかばかしい政局ネタばかりでは、あの新聞に嗤われる。

   鳩山なんていいから、「小沢政権で日本はこう変わる」という30ページぐらいの大特集を組み、政権交代の是非を、有権者にもう1度考えさせることが、メディアには求められていると思う。

   私の友人で現代の記者・松田賢弥氏が「小沢一郎 虚飾の支配者」を講談社から出した。

   引き文句にはこうある。「誰も書かなかった、剛腕・小沢一郎の金脈! 角栄から引き継いだ『金権体質』と『権力欲』。いち早く『西松疑惑』を報じた小沢追及20年のジャーナリストが民主党を牛耳る『キングメーカー』の実像を暴く」

   彼に、20年前「小沢を追え」と頼んだのは私だが、彼はまさに地を這うような取材で、小沢一郎という政治家の暗部のすべてを知る、日本で唯一の記者である。

   今週の新潮で、福田和也氏が、「(小沢のやり方は=筆者注)金権政治じゃないよ。松田クンの調べによるとまるで暴力団だよ。〈建設業者が小沢に献金を続けているのは、口利きをしてもらえなくても、落札の際に邪魔されたくないという面があるんです。祭りのときの香具師がヤクザに払うみかじめ料みたいなもの。入札のための保険料といった感覚です〉という談話を、鹿島建設の幹部から引き出している。こういうことを踏まえないで、政権交代もないだろう」といっている。

   飽くなき権力欲をもつ小鳩政権が、何を企んでいるのか。政権交代に惑わされて、民主党を大勝させると、小泉政権のときのように、何年間か、国民が苦しむことになるかもしれない。そのためにも、考える材料をメディアは、国民に提供するべきなのだ。

   麻生政権は終わった。次は、党利党略や私利私欲のためでは動かない、国民のための政治をする「人間」を選ばなくてはいけないこと、いうまでもない。

「それでも僕はやってない」収監前インタビュー

   今週のお奨めを書いてみる。ポストで、周防正行監督の映画「それでも僕はやってない」のモデルになった人間(50代)が、最高裁で上告棄却になり、懲役1年6か月が決定してしまった。彼が、収監される前、インタビューに答えている。

   痴漢犯罪としては異例と思える長期刑だ。彼は、映画のモデルになったことも裁判官の心証を悪くしたのではないかといっているが、そんなことで、刑期をのばすことがあるとしたら、それこそ「真昼の暗黒」である。

   それに、彼は一貫して冤罪を主張しているのだ。被害者と、あやふやな目撃証言しかないこの事件。そのために会社も辞め、社会的にも葬り去られようとしている。もし彼のいうとおり「冤罪」だったらと思うと、背筋が寒くなるような話だ。

   久々に「フラッシュ」を取り上げよう。ネットでは大きな話題になっているが、日テレ朝の人気女子アナ夏目三久のラブラブ写真流失。どこから見ても夏目アナにしか見えない美女が、ニッコリ微笑んで「コンドームの箱」をもっている写真は、何ともかわいらしく、すごくセクシーである。有名税にしてはちと可哀想な気はするが、こんないい女と「親密」できる彼氏に嫉妬している自分が腹立たしく、情けない。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中