小原正子、初体験 「大人の階段のぼってしもーた」

印刷

   <テレビウォッチ>お笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子がブログで、初めて「肛門科」を訪れた体験を面白おかしく紹介している。

   2009年7月15日の記事によると、小原いわく、以前からお尻が痛かった。そこで、善は急げと初めて、肛門科の門をたたいたのだった。診察前は「どんな診察するんかしら」と不安げで、診察が終わったらまた報告したいといったんブログを区切った。「書ける内容やったら」と残して……。

   で、診察後に更新した記事はお笑い芸人らしく、冗談交じりの報告になった。「大人の階段のぼってしもーたがな」として、記事にはこんな叫びが書かれている。

「先生!! それは!! それを!! そんな~!!!!!!」

   もっとも、あれよあれよと診察は無事にすんだとのこと。結果は大丈夫だったけれど、要注意と念を押されたとか。そんなわけで、「座薬のお薬を たーんと約2週間分頂いて自宅治療しまーす」と明るく振る舞う小原であった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中