2018年 7月 19日 (木)

「政権担当能力」ある自民 「党運営能力」はないらしい

印刷

   <テレビウォッチ>『泥仕合』なる表現がピッタリだろうか。両院議員総会開会をめぐる自民党内の争いは醜い。山口一臣も「署名したあとから主旨が違うとか、署名した覚えがないとか出てくるのは、みっともない」「政治ショーとしては面白いけど、私たちの生活とは関係ない、自民党の内輪もめだ。ここまで舞台裏が見えてしまうと、やればやるほど自民党が票を減らしている気がする」と言ってのける。

独自に出してどうするの?

   執行部、派閥領袖たちは署名した議員の切り崩しに動いた。これもまた旧態依然たるしめつけの感じだ。三反園訓は「究極の握りつぶし作戦」とし、「両院議員総会を開くのが怖かった。開けば、麻生さんが総括挨拶をしなければいけない。普通なら『私はこう考える。だからオレについて来い』とか言えばいいのだけど、麻生さんにはできないかもしれない。そうすると、よけい『麻生おろし』に火がついて、総裁選の前倒しになりかねない」と説明する。

   木場弘子は「団体、組織としてこれだけバラバラな姿を見せてしまうとは。企業トップについて行かない人々の姿が見えると、まとまらない。野党の方はマニフェストらしきものを出しているところもあるのに、まだそういうことでいいのかという不安感ばかりを印象づけた」と指摘。

   大谷昭宏も「ここまできて表紙の顔を変更できるわけがない。国民が望むのは、民主党も自民党もきちんとマニフェストを出して、どっちがちゃんとした政党か見せてくれということ」と、例によって怒る。

   報道によると、自民党内には、党のマニフェストとは異なる独自のマニフェストを作って選挙に臨もうとする向きもあるという。赤江珠緒は「独自に出してどうするんですか。政権の約束ですから」と嘲笑う。

   やること、なすこと全てが醜態をさらすような結果になっている。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中