つんく♂ 「外カリ、中やわらか」たこ焼き

印刷

   <テレビウォッチ>音楽プロデューサーのつんく♂がブログで、いかにも旨そうな「我が家のたこ焼き」を紹介している。

   2009年7月16日の記事によると、980円のたこ焼き器を利用して、たこ焼きを作ってみた。「丸幸水産」のブレンド粉を入手し、出汁で割り、贅沢な卵を使って、焼き上げたのだ――。今回はなかなか上手くできたみたいだ。ただし、そこは生粋の大阪人のつんく♂には、たこ焼きへのこだわりは深いものらしく、こうも語っている。

「ま、プロ仕様の鉄板に比べるとかなり穴も小さく深さも浅いので、出来上がり自体も小さいし、それに、電力が弱いので、温度もKEEPできないので、外カリ、中ジュワにはならないのですが、だいぶ、外カリ、中やわらかにはなったので、この980円の機種で考えたら大成功だと思います」

   もっとも、双子の子供たちが必死でとりあっていたとかで、なかなか大人には回ってこなかったそうだ。実際、掲載された写真によると、盛りつけられたたこ焼きは、軽くソースがかけられ、トッピングはシンプルにネギ、鰹節を振りかけて、いかにも旨そうなのである。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中