アクション&ヒーローの苦悩 「前作知らない」でOK(ウルヴァリン:X-MEN ZERO)

印刷
X-Men Character Likenesses TM & (C) 2009 Marvel Characters, Inc.  All rights reserved.  TM and (C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation.  All rights reserved.
X-Men Character Likenesses TM & (C) 2009 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and (C) 2009 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

   <ウルヴァリン:X-MEN ZERO>拳に鋼鉄の爪を持ち、驚異的な治癒能力と、動物のように何かを察知する力を持つ男・ウルヴァリン。『X-MEN』シリーズ通しての主人公であるキャラクターだが、彼には記憶が無い。そのためウルヴァリンの過去は謎に包まれてきたが、本作でいよいよ彼の生い立ちが明かされる。

   今回監督を務めたのはブライアン・シンガーではなく、ブレット・ラトナーでもなく、『ツォツィ』のギャヴィン・フッド。アクション映画を得意とする監督が起用されなかったのには、この映画を単なるアクションをメインとした作品にするつもりはないという意向があったからだろう。そもそもヒュー・ジャックマンは『ツォツィ』を見たことで、ギャヴィン・フッドこそこの映画の監督にふさわしいという確信を持ったようである。確かにこの映画は、あくまでウルヴァリンの内面に重点を置いており、これまでの『X-MEN』シリーズとは別の趣向を凝らした作品になった。愛する人を奪った兄や、自分を裏切った組織への憎しみ。内に潜める善と悪との葛藤や、ミュータントとして生まれたが故に背負ってしまった運命。ウルヴァリンが抱えるそれらの苦悩といったら……! 本当にもう、かわいそうになってくる。

   もちろん、悩めるヒーローの内面ばかりネチネチと描いているわけではない。追跡劇や爆破、それに汗がほとばしるような肉弾戦。アクションだって期待を裏切らないのだ。ストライカーによって集結された『チームX』の個性豊かなミュータントたちは、それぞれの能力に応じた戦い方がさまざまで、見ていてとてもワクワクする。そしてなんと『あの人』が登場するサプライズも! 妙に若々しい姿がおかしいが、そこはご愛敬。なんたって老いは隠せない。

   本作の見所は他にもある。それはなんといってもウルヴァリン演じるヒュー・ジャックマンの肉体美! 40代を迎えても衰えを感じさせず、加工処理なんて必要ない、見事な上半身。その鍛え上げられた勇姿にホレボレして下さい。さらに全裸で農場を突っ走るヒュー・ジャックマンの姿も拝めるので、お見逃しのないように。

   『X-MEN』を見たことがない人でも安心して十分に楽しめる。逆に本作をキッカケにシリーズを見始めたり、見直してみたりするのも面白いかもしれない。ただ『X-MEN』にしても、この『ウルヴァリン』にしても、いまいちヒロインが記憶に残らないのはなぜなのか……。公開は9月11日だ。<テレビウォッチ>

ジャナ専 巴麻衣

   オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中