2018年 7月 22日 (日)

解散バンザイの意味 突撃?前祝い??

印刷

   <テレビウォッチ>いよいよ解散の当日だ。本会議で議長が「衆議院を解散する」と宣言すると必ず起こるバンザイ。選挙の結果、再び議場に戻ってこられない議員もいるはず。さて今回もやるのか。

反省してもらわないと

   今日(7月21日)は一般紙が休みなので、スポーツ紙ばかり。見出しも過激で、サンスポなぞは「自爆解散」とあった。自民がこれで終わる、というわけだ。

   杉尾秀哉が、「今回自民のバンザイは、お手上げのバンザイか」

   道あゆみは、「政権交代しても、自民の議員も自爆してもらっては困る」

   みのもんたがしたり顔で、「自民政権が63年間。日本人は我慢強いね」

   そこで竹内香苗が突然、フリップを持ち出した。「バンザイの由来」として、「天皇の国事行為だから」「選挙への景気付け」「タダのやけっぱち」(笑い)と3つ並べたのだが、これがよくわからない。衆院の広報課も、「帝国議会からやっている」というだけだ。

   評論家の三宅久之からのコメントがあって、「民主党は勝利の前祝いでバンザイ、自民党はバンザイ突撃」(笑い)とあった。普通バンザイは自民がやるものだが、今回は民主がやるのか。

   みのが、「三宅さんは、バンザイ突撃なんて言葉を知ってらっしゃる(笑い)。イメージ悪いよね」といったが、これは失礼だろう。今年79歳の三宅は、終戦のとき中学生だった。彼の辛口の原点はそこにある。

   さて、これでようやく日本も2大政党時代にはいるのか。

   宮内正英が、「気になるのは、鳩山さんへの期待が低いこと。28%しかない」

   杉尾は、「この選挙は鳩山さんへの期待というより、変化への期待でしょう。ずーっと自民がやってきて、チェック・アンド・バランスが働かなかったから」

   「2大政党を育てる必要がありますよ」と道がいう。

   みのが「どうしてこうなったか、自民の議員一人ひとりに反省してもらわないといけない」

   負ければ、否応なく反省するだろう。野党はこれまで、負けても反省しなかったから、ずっと負け続けたんだよね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中