新庄、元妻へのささやかな願い 暴露話も何のその「せめて…」

印刷

「ダウンタウンDX」(日本テレビ) 2009年7月16日22時~

   このところ「ダウンタウンDX」で、司会のダウンタウンがオープニングトークをすることがあるのが嬉しい。というのももうひとつの冠番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」がゲームや悪ふざけばっかりで、2人のトークコーナーがめっきり少なくなったからだ。といってもタメになる話をするわけでもなく、今回も松本がトイレに入ったら隣の個室からトイレットペーパーをカラカラカラカラと、中にリス飼ってるんかいっ!というくらい回して紙をとっていたのが許せない、というような話だったのだが、そういう何気ない話をフリートークで見せるのがダウンタウンの面白さであり、芸なのでそれを見られるのが嬉しいのだ。
   それはともかく、この日のゲストに新庄剛志の元妻・大河内志保が出ていたのだが、彼女は新庄と離婚してからこういうトーク番組によく出演するようになりそのたびに結婚生活や元夫の話をするのが不快だ。この日も「同棲8年、結婚7年。15年間、新庄の人生をプロデュースしていた」と得々と語っていたが、離婚した後でそんな話をしても、という感じだ。需要があればこその供給なのだろうが、見ていてあんまり気持ちのいいものではない。新庄だって嫌なのではないか、と思っていたら、元妻は新庄に「何を話してもいいけど泰葉みたいにはならないでね」と言われたんだとか。さすがは新庄、器がでかい。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中