くわばたりえ 満員電車で気付かれた惨事

印刷

   <テレビウォッチ>お笑いコンビ・クワバタオハラのくわばたりえがブログで、満員電車の中で起きた残念な出来事を報告している。

   2009年7月21日の記事によると、満員電車で、大学生と思われる集団に、気付かれてしまったのだ。「あれ?芸人じゃねぇ?」「ほんとだぁ~」といった声も漏れ聞こえ、「イヤな予感」。くわばたはこの時、終始寝たふりで過ごしたけれど、男子学生は、くわばたが取り組んでいるコアリズムを真似て悪ふざけ。イライラも募っていた。

   しまいには、寝ているところ(といっても寝たフリ)を起こそうと肩までたたかれたとかで、心の中では「はぁ~? なんで起こそうとすんねんっ! 私アンタの友達かっ!」と腹立たしい気持ちもあった。

   しかも、写メールまで撮り始めたのには我慢することもできず、(しかも、写真を待ち受けにして、魔除けにしようなどと話していたとか)、次の駅につくとダッシュで電車を降りたのだった。が、降りる直前、自転車のカギを落としてしまい、またしても笑われ、散々な目にあったのだった。

   ちなみに、翌22日の記事によれば、似たような出来事は「山ほど」あったのだという。そして、記事に対してコメント欄では、一緒に怒ってくれる読者もいて、嬉しかった、ありがとうと感謝をつづる。

   もっとも、よくよく考えると「くわばたやぁ!って騒いでくれるのって気付かれへんよりありがたい話やねんけどなぁ…」とももらしている。数年前は、声を掛けられることなんて、なかったのだから。「難しいなぁ~贅沢な悩みですっ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中