衆院解散と首相の涙 泣いても笑っても…

印刷

   <今週のワイドショー通信簿>2009年7月21日、衆議院が解散された。

   「麻生演説の出来映え 小泉演説超えた?」(朝ズバ、7月22日)、「麻生首相の『喜怒哀楽』 歓迎された『素』の部分」(とくダネ、7月22日)、「麻生首相の涙 演出説と『感極まった』説」(スパモニ、7月22日)などが取り上げた。

   スパモニ通信簿は、麻生首相が21日の両院議員懇談会で涙を見せたことについて、獨協大教授の森永卓郎が「本当に泣かれたのか演出なのか分からない」と指摘したことを紹介した。

   衆院選の公示は8月18日、投開票は8月30日だ。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中