宇宙目指す高校生たち 夢感じられないのなぜ?

印刷

   <テレビウォッチ>NHKのドラマ「ふたつのスピカ」。やたらと番宣があって番組に出ている女の子が「見てね」とやっているので気になった。タイトルを見ても内容が思い浮かばない。

   高校の宇宙飛行士になるコースへ進んだ男女5人の話だった。結論からいうと、つまらねえ番組だった。

   NASAへ行くためみんなが競争する筋立てだ。中村優一演じる生徒と桜庭ななみ演じる主人公が候補に残るが、男子生徒の方が選ばれる。しかし、彼に宇宙飛行士としては耐えられない病気が見つかった。それで…と次回へ続きとなった。

   どうも硬いドラマで、どこに夢があるんだ、といいたくなる。こんなに元気のない番組は珍しい。視聴率も3%台というのもよく分かる。出てくるのは良い子ばかりだし、映像が説明的というのが1番ダメなところだ。ビビッドに動いてくれればいいのに、それがない。リアリティも感じられない。

   誰にメッセージを送りたいのかもはっきりしない。若者向けにしては元気なさ過ぎだし、主人公の父娘の親子関係かな、という気もちらっとするが、だとしても弱い。作る方の都合だけで作ったドラマといった感じだ。今風じゃない。

      宇宙目指す 若者に元気 まるでなし

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中