「誰でもよかった」殺人 「7月」の2事件

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>2008年7月25日(金)のとくダネ通信簿は、同22日に東京・八王子で起きた通り魔事件を取り上げた。33歳の男が「誰でもよかった」と、書店アルバイトの女性を刺殺、客の女性1人にも怪我を負わせた。

   25日のとくダネ通信簿は「八王子通り魔に見る 甘やかしと『予備軍たくさん』の関係」。これ以前にも「八王子殺傷『核心に迫る証言』 その肉薄度」(スッキリ、08年7月24日)、「30過ぎ『甘ったれ』男が書店狙った理由~」(スッキリ、同7月23日)などが取り上げた。

   とくダネ通信簿は、キャスター小倉智昭が「時代背景とは関係ないんだよね」「怒りやいらだちをぶつける対象が、他の人にいっちゃう」などと指摘したことを伝えた。

   同事件の裁判は09年2月、東京地裁八王子支部で被告の精神鑑定を採用する決定がなされた。

   09年7月5日には、大阪でパチンコ店放火殺人事件が起きた。6日に出頭した容疑者は「仕事も金もなく、人生に嫌気がさした」「誰でもいいと思った。通り魔みたいに人を殺したかった」と供述した、と報じられている。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中