北川景子 毎年恒例、誕生日前の憂鬱

印刷

   <テレビウォッチ>女優の北川景子が2009年7月26日のブログで、23歳の誕生日を迎えるにあたって、振り返っている。

   北川は来月、23歳になる。前年の誕生日には「何事にも努力を惜しまず、怠らず、時間を有意義に使える人間になる」という課題を設定したけれど、満足にクリアすることが出来なかった。毎日の仕事がいっぱいいっぱいで、体力的にも精神的にも、時間を有意義に考える余裕さえなかったそうだ。

   「こうしてまた一年、何も成長しないまま歳だけ重ねてしまうのかと毎年恒例の誕生日前の憂鬱がまた始まっています」

   というのは、時間だけが無情にも過ぎていくことを思ってのこと。毎年、クリアできない課題ばかりが増えていくかと思うと、焦燥感を感じないでもない。早くから親元を離れた経験が実年齢より大人びてしまった部分、子供じみた部分があることを彼女は感じている。「そういうイビツさを自分でも上手くコントロールできていないみたいです」。

   一方、「私はすぐに焦る癖があるのでまず今の自分を自分で受け入れて向き合っていきたいと思います」とも語る北川。23歳はそんな自分と上手くつきあっていくことが、課題となりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中