民主マニフェストの評判 コメンテーターは絶賛?

印刷

   <テレビウォッチ>民主党がマニフェストを公表した。「今朝(7月28日)の1面トップは全部、民主党のマニフェストだった」(鳥越俊太郎)と、新聞の扱いは大きい。世間の関心も高そうだ。会場のホテルには500人を超す報道陣が集まったという。

わかりやすく…

   三反園訓も「野党のマニフェスト発表にこれだけの人が詰めかけるのは初めての経験だ。外国のプレスも来ていた。政権交代をみんな意識した上でのマニフェスト発表と感じた」と話す。

   「ムダづかい削減」「子育て・教育支援」「年金・医療改革」など、並べた項目は、すでに少しずつ報じられていて、意外性はない。

   番組のコメント陣は、それなりの評価を下す。

   鳥越「財源は税金の見直しでというところは納税者からすると1番やってほしい。赤字国債の発行なんか考えないでガチガチやってほしい」

   大澤孝征「(バラ色的内容について)自民党との差別化をして、自分たちが(政権を)とった場合はこういう形でやって行きたいという一種のアドバルーンだ。これを明確に出さないと選挙にならない、という意味ではわかりやすくはなった」

   若一光司「与党の権力行使にブレーキをかけるのは野党の仕事のひとつで、完全な野党から与党に変わるかもしれない端境期にあって現実路線に転換するのは一定の理解はできる。ただ、鳩山さんに関していえば、消費税を4年間、議論する必要がないと言っていたのを、上げないけど議論はすると改めたのはマイナスに響く可能性はある」

   鳩山由紀夫代表は「約束を果たせなければ政治的責任をとる。当然のことです」と、見えを切った。まあ、お手並み拝見というしかない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中