そうだったのか!劇団ひとり 「宙ぶらりん」になった理由

印刷

「学べる!!ニュースショー!」(テレビ朝日) 2009年7月21日 19時~

   昨年10月に番組がスタートした際は、日々のニュースから生きる知恵を学ぼうというコンセプトで、新感覚ニュースエンターテインメントなどと謳っていた。たとえば、新潟中越地震の映像を見せて、「新潟中越地震が起きた時、怪我なく避難したスーパーの避難術とは?」と視聴者に興味をもたせ、「スーパーで地震にあったら、頭を守るために買い物カゴを頭に被って避難する」とか、「ガソリンスタンドは実は安全な建物のひとつである」などと具体例を紹介していくというものだったのだ。
   ところが、手間隙かかるわりには実入りが少なかったようで、何度も番組をマイナーチェンジ。この6月「池上彰のそうだったのか!スペシャル」としてそれまで1コーナーだった池上彰のニュース解説をメインにしたところ好評だったということで、その後は「そうだったのか!官僚」「そうだったのか!日本の借金」「そうだったのか!中国」……など、「そうだったのか!○○」として定着している。これまでコメンテイターだったレギュラー&ゲストのタレントが生徒役になり、モノを知らない彼らに咬んで含むように教える池上先生という図式。さすが池上、「週刊こどもニュース」の初代お父さんだけあって実にわかりやすく解説してくれると視聴者にも評判のようだ。
   お気の毒なのは本名の川島省吾を名乗りキャスター気取りだった劇団ひとり。今さら生徒をやるわけにもいかず、宙ぶらりん。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中