「がん」子供に告知すべき? ショックと疎外感のはざまで

印刷

   <テレビウォッチ>がんを考える2夜連続シリーズの1回目。3、40代の子育て世代に乳がん患者が増加したために、「子どもにどう伝えたらいいか」という新たな「告知」の問題が生まれているという話だ。

   大阪市の37歳の主婦の場合。5年前に乳がんと診断され手術を受けたが、小学校と幼稚園の2人の息子にはいえなかった。「がんイコール死と、自分で受け止めるのが精一杯だった」という。

ウソつき続けることに

   再発が不安だが、いまだに言えずにいる。乳がんの本はカバーを裏返しにして隠し、「できれば隠し通したい。知らないまま終わらせてあげたい」という。

   逆に話した人がいた。都内の40歳の女性。11歳と6歳の娘がいるが、はじめがんを隠そうとした。2週間入院して手術したときも、「お腹の具合が悪い」、月に1回の検診のときもウソをついた。胸の傷を見られまいと風呂にも一緒には入らない。

   すると、子どもたちに変化が起きた。病気の話をすると避けるようになったのだ。目に見えないみぞ、悩んだ末1年後に話した。長女はショックで泣き出したが、「話してくれてよかった」と、家事を手伝うようになった。いまは、「明日から入院しますから、よろしく」といえる。励ましてもくれる。

   名古屋市立大病院こころの医療センターの明智龍男は、「伝えれば情報を共有でき、家族の結束は強まる。一方隠していても入院はする。夫婦でもひそひそ話になると、子どもが疎外感をもつ。そして、ずっとウソをつき続けることになる」という。

   都内の30歳の男性は、心に深い傷を負った。小学校のとき父親が入退院を繰り返していたが、病名は知らされなかった。ある日家に帰ると、父が棺に入っていた。「知っていたら、何かできたかもしれない。顔を見せるだけでもちがったのではないかと、申し訳ない思い。正直今も消えていない」という。

日米文化の違い?

   アメリカでは、子どもにも告知するのが前提だ。テキサス州の病院で子どものケアを担当するマーサ・アッシェンブレナーは、自身がんにかかったとき、この種のマニュアルがないことに驚いた。

   そこで5年前、「3つのC」と呼ばれる独自のマニュアルを作った。がん(Canser)と知らせる、うつる(Catchy)ものではない、子どものせい(Caused)ではない。がんという病名を伝えることが重要だという。「子どもはショックを受けるが、しっかりケアすれば大丈夫。やがて子どもが直接聞くようになる」

   日本でもこれにならって、医療関係者の集まり「ホープツリー」がいまマニュアルづくりをしている。しかしその議論では、「無理にいうべきではない」「日本の文化ではまだ……」といった声がいぜん強い。「2、3年はかかるのではないか」という。

   明智は、「アメリカは告知の考え方が違う。またサポートが手厚い。子どもでも独立した人格とみなす文化の違いもある」という。アメリカでは、マーサのような専門家が1500人もいる。「専門職を育てることが重要だ」と。

   聞いていて、本当に文化なのかと思った。血肉を分けた分身だからこそ、親として伝える責任があるのではないのかと。さらに、膵臓がんの専門医の言葉も思い出した。「ずっとウソをつき続けると、やがてつじつまが合わなくなってくるんだ」

ヤンヤン

   *NHKクローズアップ現代(2009年7月27日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中