ドリカム中村正人 「あり得ない場所」でのMV撮影に「ヤバいっす」

印刷

   「DREAMS COME TRUE」の中村正人が2009年7月28日のブログで、ある「恐怖」と戦いながらの仕事ぶりを明かしている。

   09年9月9日に発売されるシングル「その先へ」のMV(ミュージックビデオ)の撮影中だという中村。具体的には明かしていないが、めったに行けない「あり得ない場所」で行われているとのこと。その場所に行くには、

「気圧を調節する2枚一組のドアを3回もくぐり抜け」
「5キロに及ぶトンネルを走って行かなければならない」

   しかも、トンネルは地下6階ほどの深さで、地上へは「車が一台ぎちぎち乗れるエレベーターで、車ごと上がらなければならない」そうだ。ここで中村が辛いのは「閉所恐怖症」だから。「車一杯に乗ってる人間の数と、その狭い空間に限りある空気の量がせめぎあい、かるくパニクる」と中村。「ヤバいっす、かなりヤバいっす」とうめくように綴っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中