北乃きい 「人生は喜劇だと私は思う」

印刷

   <テレビウォッチ>女優の北乃きいが2009年7月28日のブログで、寄せられたコメントに対する励ましを語っている。

   コメント欄には前日、「生きるのが辛いです。どうしたらいいですか?」という書き込みがあった。これに対する北乃の意見は、「人生は喜劇だと私は思います」とのことだ。悲しいことや辛いことは多々あるけれど、人生には楽しかったり、嬉しかったりすることもあるはずだというのだ。

「それを人生という一つのストーリーで見てみると、また楽しいもので、今だけ今だけだと思えるのです」

   自分からストーリーを「完」としてしまっては笑えないし、つまらない。気持ちが落ち込むことがあったら、それはそれとして、とことん落ち込む――。「そして、笑える日がきたら表情筋が痛くなって、笑いジワができるくらい笑う」。北乃の場合、こんな風に考えている。

「私は極端な性格だからこんな感じに考えてしまいがちですが、これを一つの意見として聞いていただけたら嬉しいです」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中