「高速水着」面白いか不公平か 追放方針巡りバトル

印刷

   <テレビウォッチ>国際水連がついに「高速水着」追放の方針を固めたという。水着問題は、水泳競技とは何なのかという問いを投げかけたが、水連の結論は、水泳とは水着という道具の技術革新に頼るのではなく、パンツ一丁の肉体ひとつで勝負する古式ゆかしきスポーツである、となったようである。

肉体だけ…

   これに、番組コメンテイターのテリー伊藤は首をひねった。「高速水着もおもしろいと思うんですよ。スポーツでは、ランニングシューズ、バスケットシューズの開発といったことも、また楽しいじゃないですか。高速水着を見たい、着たいという人も多いはず。技術はそういうことで伸びていく。肉体だけってのは……」

   コメンテイターで弁護士の本村健太郎はテリーの意見に反対。「水着で差がつくのはやっぱり不公平で、競技本来のおもしろさをなくすと思いますよ。ある程度(規制を)やってほしい」。かなり興奮した様子で、早口で語った。

   「高速水着」をめぐる各所の議論は、まだまだおさまりそうもなさそうではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中