2020年 12月 3日 (木)

「トリック」堤監督の頭の中 ヒミツは「少年時代の感性」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   各界の第一線で活躍する人物が母校を訪ね、その専門とする世界と自らの人生について授業する番組「課外授業 ようこそ先輩」。今回は、映画監督で演出家の堤幸彦が出身小学校を訪ねる。

   「20世紀少年」「トリック」などのヒット作で知られる堤映画の特長は斬新な演出術。凝ったカメラワークやインパクトのある音楽で映画界に新しい風を吹き込んできた。そんな堤が表現の糧としているのは、プラモデルやレコードに夢中になった少年時代の感性だという。

   番組では、堤の「15年後の自分へ送るメッセージビデオを作る」という授業課題に対し、夢中になっているものを映像に取り入れ自分流ビデオを作り上げていく生徒たちの姿を伝える。

課外授業 ようこそ先輩

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中