最新作の魔法パワー 恋・謎解きに押され気味?(ハリー・ポッターと謎のプリンス)

印刷
(C)2009 Warner Bros. Ent.
Harry Potter Publishing Rights ©J.K.R.
(C)2009 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights ©J.K.R.

   <ハリー・ポッターと謎のプリンス>ホグワーツの6年生になったハリー。彼はマルフォイがブォルデモートの一味だと疑うが、なかなか実態を掴むことができないでいる。そんな中、ダンブルドアはブォルデモートの裏を探るため、重要な手掛かりを知っていると思われる、スラグホーンをハリーに接触させる。そこで、秘密を探り出したハリーとダンブルドアは新たな行動に出たのだが……。

   ハリーポッターシリーズも、はや6作目となる今回。7作目が最終章になるということもあり、結末に迫る物語が注目されている。

   まず、感じるのはハリー、ロン、ハーマイオニーが大人に成長していることにびっくり。11歳前後で、「ハリーポッターと賢者の石」に出ていた3人は、幼い感じで子供の印象が強かった。しかし、今作では学生服に違和感があるぐらいに大きく成長している。特にハーマイオニー役のエマは、美しい大人の女性に変身していて、マスコミも大騒ぎ。そんなハーマイオニーが恋に落ちて嫉妬!? する場面もあるので、恋のお相手をぜひ劇場で確かめてみよう。

   中盤でいつも楽しませてくれるのが、クィディッチの迫力あるシーン。今回はロンが大活躍して見事恋もゲットしてしまうのだが、スピード感があり迫力のある試合模様は今回も見どころの1つだ。ハリーを苦しめるマルフォイもすっかり大人になっている。彼の悪役もすっかり板についているのだが、今作ではさらに圧迫感のある演技で悪役をかっこよく演じている。

   今作では、ハリー、ロン、ハーマイオニー3人の主要人物にそれぞれ見せ場がある。ロマンスや謎を解き明かすシーンが多くなっていて、今までにない物語展開になっているように思う。個人的には、魔物との戦闘シーンや魔法での対決シーンなど迫力のある見せ場がもう少しないと、ハリーポッターシリーズの良さが出ない気がする。

   最終章の序章と考えてみれば、満足できるかもしれないが見ごたえはあまりないかも。終盤、物語が動き出してからはおもしろい展開になっている。

POCO

   オススメ度:☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中