TV番組の政治家同士論争 どこにも着地しない理由

印刷

   <テレビウォッチ>衆院選にむけて各党のマニフェストも出そろったところで、与野党6党のマニフェスト担当者を呼んでの「討論会」。しかしテレビ番組に政治家が大挙してやってくると、たいがいロクなことにならないのは視聴者も司会者も感じていること。

果てなき議論に

   「だいたい、こういうやりとり(自分勝手なお喋り合戦)が続いて、時間が来て終わっちゃうんで……」と司会のみのもんたは冒頭、冗談交じりに言う。

   なんとかそうならないように、とスタートしてはみたものの、いつものように、どちらがより相手を喋らせないかの競争が繰り広げられる。

   時間も差し迫ってきたころ、「こうやって議論してると、果てなき議論になっちゃうんですよね」とみのは嘆息する。ひとつにはみのの政治的討論会仕切り力の問題もあるはずだが、とにかく今回(8月3日)もまたしても時間の浪費で終わったようだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中