2018年 7月 21日 (土)

「逮捕」押尾学と全裸女性の関係 「各紙いろいろニュアンスが…」

印刷

   <テレビウォッチ> 新聞各紙の一面を並べた「一面ざっと見」は、一般紙は裁判員制度、スポーツ紙は押尾学容疑者の逮捕と見事にわかれた。見出しには「薬物」よりも「女性死体」「女全裸死体」「変死体」がフィーチャー。

いろいろ書いてある

   スポーツプロデューサーの三屋裕子は、「女性の変死」でより注目されてるのだろうと分析。ただ、そのあたりの伝え方が「(各紙)いろいろニュアンスが違うんで、何とも言えないんですけど」と腰をひく。

   しかたがないので、各スポーツ紙の情報をもっともスキャンダラスにつなぎ合わせると、容疑者は出入り先のマンションで全裸の女性と一緒にドラッグを楽しんでたが、その最中に女性が急死。知人だかマネージャーを呼びよせて警察に連絡させ、自身はその場を去った、といったことになる。

   番組(TBS)独自の情報があるわけでもなく、コメンテイター陣も「あくまでスポーツ紙では~」の伝聞にととどまる。司会のみのもんたも「一部報道では~」と断りながら一部の情報を紹介し、「いろいろ書いてあるんですね」。ほとんど一般視聴者と同レベルではあった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中