みのもんた「ボーナスやめなさい」 「年俸制」すすめる理由

印刷

   <テレビウォッチ>夏のボーナス(6月)は昨2008年比で約15%減っており、冬も低調な見通し――という日経新聞記事を番組が取り上げたところ、「ボクはね、前から『ボーナスやめなさい』って考えなの」と、みのもんたが言い出した。聞き手の竹内香苗アナのほうは、政治家との対談に駆り出された女性タレントのような態度で、相槌を打つ。

そういう契約ダメ

   みの曰く、ボーナスは増減があって不安定。下がってしまうと、「年収確保できなくなるじゃない」。それより、ボーナスなしで最初から年収が確定してるほうがいいというのだ。

   「年俸制でも、結局ポイント単価を低くするとかで下げられちゃうから、(ボーナス制と)同じなんですよ」と、いつになくリアルな口ぶりで杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長が反論する。給料を下げる口実はいろいろあるようだ。

   しかし、大物司会者は「あーもう、そういう契約しちゃダメ」と、ひとり強気であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中