キムタクがプチ説教 熟女好きの子役

印刷

「SMAP×SMAP」(フジテレビ) 2009年7月27日 22時~

   月9ドラマ低迷の影響からか、その後番組「SMAP×SMAP」までもがかつての勢いはなく視聴率もじり貧に下がっているようだ。この日もSMAPメンバーと女性芸人がカップルになって街にあふれる新語の意味を答えるという新企画クイズをやっていたが、さほど面白くもなかった。そもそも携帯の赤外線でメアド交換をすることを「赤る」(せきる)、「無理な夢、叶わぬ夢」を「むリーム」、「一目ぼれ」を「いちきゅん」などと使っているのを聞いたことがないが、本当にそんな新語が街にあふれているのだろうか。
   さて。この日の「ビストロSMAP」のゲストは「任侠ヘルパー」に出演中の加藤清史郎と松平健。清史郎くんというのはあの「天地人」の直江兼続の幼少期(樋口与六役)で一躍人気となった現在7歳の男の子だ。オーダーを聞かれた清史郎くん。「ラーメンをお願いします。メンマとネギを抜いてもらっていいですか。それと、スイーツ。フルーツ抜いてもらっていいですか」と好き嫌いがある様子。そんな清史郎くんに「今すぐには無理かもしれないけど、大きくなるうちにフルーツ食べられるようになった方がいいよね」とプチ説教をするキムタクに2児の父親の片鱗を見た。今回、最も面白かったのは、好きなタイプの女性を聞かれた清史郎くんが高島礼子と答えたこと。7歳にして熟女好みとは。動物と子供には勝てないというがSMAPもマツケンもすっかり清史郎くんに食われた感。

(白蘭)

採点:1
文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中