2018年 7月 20日 (金)

SBの和田毅 「復帰への道が見えてきました」

印刷

   <テレビウォッチ>左ひじの違和感で2軍調整中のソフトバンク・和田毅投手がブログで、故障の現状を報告している。

   2009年8月3日の記事で、「僕自身から報告させていただくことになりました」と和田。一部報道にあったように、6月に米国で精密検査を受けた後「渡米前にはなかった肘の張りをずっと感じていました」と違和感が増してしまった様子。その原因は精密検査の際「ひじの内部を見えやすくするために関節造影剤を注射」したことによるもので、「それが帰国後もなかなか消えず、しこりとして残っている現状」という。治療のための医療行為が別の疾患を引き起こしてしまったらしい。

   ただ、日本の複数の医師からは「時間が解決してくれる」という意見をもらったそうで「ホッとしているところです」と一安心している。今後は数日リハビリを行い、肘をチェック、キャッチボールを再開するという。「自分としてはようやく復帰への道がはっきり見えてきました」と前向きな和田。「この道を走り抜き、早く一軍のマウンドへ戻りたいと思います」と気合を入れ直していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中