2018年 7月 16日 (月)

「悲ピー」じゃ済まない 「逮捕状」酒井法子と事務所会見

印刷

   <テレビウォッチ>女優の酒井法子(38)に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕状が出た、というニュースが流れたのは今日(8月7日)の番組終了後だ。失踪者から容疑者へ変わってしまった。

   番組では冒頭、酒井の長男が知人に預けられていたことが分かったことを中心に話を進めた。今日未明の事務所会見について、田中大貴が報告。長男の無事確認を受けての会見だったが、わずか2分で終了し、社長は「逃げるように」去っていったという。質問にもほとんど答えず、連絡を取るよう酒井へ呼びかけることもせず、そそくさと会見場を後にしたことに「報道陣は違和感を感じる部分があった」(田中)。

   田中はさらに、「(事務所へ)新しい情報が実は入っているのか、さらに心配な点が増えてしまったのか、分からない」と感想を述べた。逮捕状のニュースが流れた今となっては、なかなか意味深な発言ではある。

   酒井を扱った枠の締めに近い部分では、芸能デスク前田忠明が、酒井法子に怒気を含む声で呼びかけた。「大変な名門校」に通う10才の長男が、夏休み明けにどんな顔をして学校に行けばいいのかと指摘し、「早く出ないとダメですよ、これは」と語気を強めた。

   逮捕状が出たことを含め、週明けの番組でのこのニュースに関する扱いはどう変わるのだろうか。いずれにせよ、長男はそっとしておいて欲しいものだ。

文   赤坂和郎
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中