鈴木おさむ 「レーシックは女性の方が痛くない?」

印刷

   <テレビウォッチ>放送作家の鈴木おさむさんが2009年8月9日のブログで、視力回復手術(レーシック)について書いている。

   7月にレーシック手術を受けて視力が0.1から1.5になった。メガネを使わない「ノーメガネ生活」はかなり快適であるようで、

「映画の字幕もノーメガネで見える!見える!」

と興奮している。

   また、手術に関してよく聞かれるのが、「痛くなかった?」という質問。手術中は痛くなかったが、術後、家に帰ってからの3時間が痛かったとのことだ。

   しかし、先にレーシックを受けていた妻の大島美幸は「全然痛くなかった」といっているという。他の人にも聞いてみたが、女性の方が「痛くなかった」と答えている気がするといい、「こんな所にも男女差が?」と驚いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中