静岡・震度6弱で緊迫! スタジオの緊張と弛緩

印刷

   <テレビウォッチ>番組開始の約20分前の5時7分、静岡県で震度6弱の地震が発生。マグニチュードは6.6(後に6.5に訂正)で、15人が亡くなった2007年の中越沖地震級とあって、通常の番組内容を大幅変更。

たいしたもん

   番組コメンテイターの杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長もいつにない緊張感を漂わせ、火災、倒壊、怪我人等、被害の情報が続々入ってくるのではないか、と身構えていた。

   だが、地震特番となった放送が2時間ほど過ぎても、被害は拡大する気配がなく、司会のみのもんたもちょっと拍子抜け気味。

   焼津の磯自慢酒造と電話をつなぎ、被害状況を聞いたときには、地震対策をしっかりやっていたせいか、被害は最小限で抑えられたとの話であった。

   そう聞きくと、みのは「たいしたもんですね~、この地域の方たちって」とおおいに感心。来る来ると言われてはや数十年、いつ来るかわからぬ東海地震に備える静岡の人たちの防災意識の高さを誉め上げていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中