石原真理子 「マスコミの恐ろしさ、知る術があれば」

印刷

   <テレビウォッチ>女優の石原真理子がブログで、夫の玉置浩二とともに2人のことが記事になった件についてコメントしている。

   2009年8月13日のブログによると、「私と結婚後に彼のSTAFFが逃げ出した」という記事が書かれていたことに対して、「勿論それは事実ではない」としている。石原の説明によると、彼の思うところがあって、スタッフを解雇したのだと明かしている。

「マスコミの恐ろしさ、もっと知る術があれば、、と思います」

   もっとも、その記事とはいったい、どれを指すかについての明言はないが、「週刊文春 8月13日・20日夏の特大号」ではちょうど、玉置浩二の個人事務所がまったく機能していないことを取り上げた。スタッフも離れてしまったことを言及している。

   対して、石原はブログで、「彼」が、「こんな風に書いた方が面白いんだな」「生粋のお嬢様が芸能界に入りそこでもまれている、、純粋な人が虐められているのを多くの人が聞きたいってことかな」ともらしたことを書いている。つづけて、次のようにもつづった。

「もしもそれが、長年無いこと無いこと書かれている理由だとしたら とんでもない創造性だと思いました」
「また、また、私でない私の名前が事実でないまま置き去りにされて。罪を犯した人は謝りもせずに」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中