「全米ゴルフ」石川遼 あがめるアナVSダメ出し連発解説者

印刷

   <テレビウォッチ>TBS系で放送する全米プロゴルフ選手権にて石川遼がプレー中とあって、番組は石川専用モニターをスタジオ内に設置。番組進行をつとめる蓮見孝之アナが事あるごとに、モニターに映る雄姿を、下にも置けないお宝でも扱うようにあがめ奉る。

   しかし、ゲストコメンテイターのゴルフ解説者、沼沢聖一は「ティーショットにブレがあった」ほか、アプローチもパットもよくない、本来の実力が発揮出来てないなどとダメ出しの連続。18番ホールでは「やっぱり今日は自分の思ったプレーができなかったという表情ですよ」と分析していた。

   結局スコアは2オーバー、予選通過できる70位スレスレだった。ホールアウト後のインタビューで「まあまあ、うーん、なんとか明日(予選2日目)につながる2オーバーかな?」と問いかけたインタビュアー(氏名不詳)も不満げな声色を聞かせていた。

   しかし、日焼けして精悍な表情の石川は「今日はよかったと思います。いい形で我慢することができた」ときわめて前向きにハキハキと答え、周囲との認識の差が浮き彫りとなった。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中