2018年 7月 21日 (土)

「中国の金持ちハンパじゃない」 銀座のデパートを席巻?

印刷

   <テレビウォッチ>番組が取り上げた日経新聞一面記事によれば、三越伊勢丹は2014年までに中国で大型店舗5店舗を出店する方針だという。グループの総売上高に占めるアジアの割合は現在14%程度だが、この出店構成によって20%まで拡大するそうな。

   現地の富裕層を取り込む狙いがあるとの記事に、「中国のお金持ちはハンパじゃないですから」とコメンテイターの吉川美代子TBS解説委員は実感こめて話す。「銀座のデパートを見ても、中国からのお金持ちの買い物客がホントに多い。それだったら、日本に来てもらうより行っちゃえば、もっと(儲かる)ってのはわかりますよね」

   デパートの中国進出が本格化するとなると、心配なのは銀座の空洞化。今後は日本人相手のユニクロなど、格安店が幅を利かせることになりそうだ。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中