「中国の金持ちハンパじゃない」 銀座のデパートを席巻?

印刷

   <テレビウォッチ>番組が取り上げた日経新聞一面記事によれば、三越伊勢丹は2014年までに中国で大型店舗5店舗を出店する方針だという。グループの総売上高に占めるアジアの割合は現在14%程度だが、この出店構成によって20%まで拡大するそうな。

   現地の富裕層を取り込む狙いがあるとの記事に、「中国のお金持ちはハンパじゃないですから」とコメンテイターの吉川美代子TBS解説委員は実感こめて話す。「銀座のデパートを見ても、中国からのお金持ちの買い物客がホントに多い。それだったら、日本に来てもらうより行っちゃえば、もっと(儲かる)ってのはわかりますよね」

   デパートの中国進出が本格化するとなると、心配なのは銀座の空洞化。今後は日本人相手のユニクロなど、格安店が幅を利かせることになりそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中