2020年 7月 10日 (金)

脳腫瘍と闘う 「奇跡のストッパー」

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   人生のどん底を経験しながらも、諦めずに強く生き抜く人々の姿を描くドキュメンタリー番組「不屈の者たちへ」。今回は、元プロ野球投手で野球解説者の盛田幸妃にスポットを当てる。

   横浜大洋のストッパーとして活躍した盛田は、現役10年目の28歳の時、脳に腫瘍が見つかった。摘出手術は成功したものの、後遺症で右半身が動かない状態に。「もう野球は出来ない」、死まで考えたという盛田だったが、周囲の人たちの支えでリハビリに取り組み、驚異的に回復。再びプロのマウンドに戻り、カムバック賞を受賞した。ただ、病との闘いは今も終わっていない。引退後、野球解説者になってから、脳腫瘍が再発。これまで3回の手術を乗り越えてきた。

   番組では、医師に「人生50年と考えて」と言われる中、病と全力で向き合い強く生きようとする盛田の姿を見つめる。

*不屈の者たちへ

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中