2018年 7月 23日 (月)

公示前日に駆け込み更新 埋まらぬネットと選挙の溝

印刷

   <テレビウォッチ> 衆院選もようやく公示となったが、ネット上でははやくも「最後のお願い」が終わった。現在では公示後のブログ等の更新は公職選挙法違反とされるため、公示前日の昨日17日、立候補予定者の『駈け込み更新』が相次いだという。なかには、ブログの女王ばりに何度も書き込んだ候補もいたとか。

いまの時代に

   「候補者はインターネットを使って、国民にもっといろんな情報を発信したいのに、それを法律で禁止、阻害するような行為はやっちゃいけない。公職選挙法はいまの時代にまったく合ってない」(杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長)

   「配布できる文書が制限されてる理由のひとつは、お金のかかる選挙にならないようにすること。ネットの書き込みにお金がかかるかといえば、そうではなくなってる」(道あゆみ・弁護士)

   こうした意見は何年も前から聞かれるが、相変わらず何も変わらず。選挙の度に同じような話が繰り返されている。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中