「体調不良」インパルス堤下 見舞いに来た唯一人の芸人

印刷

   <テレビウォッチ>お笑いコンビ・インパルスの堤下敦がブログで、キングコング・西野亮廣がお見舞いに来てくれたことを紹介している。

   堤下は2009年8月21日のブログで、体調不良の様子を書き込んでいた。こんな時は食べるものがないのが心配だと書いた。そんな中、23日の記事によると、1人だけ堤下を心配してくれる人がいたのだ。

   堤下が寝ていたところ、インターホンが鳴った。インターホンに連動した画面に映し出されたのは「髭面のおじさん」。もちろん、この人物こそ、西野だったわけだ。

   堤下が玄関のドアを開けると、西野は「大丈夫? お見舞いよ」と2つのメロンとコーラを置いたのだった。堤下はせっかくなので、ゆっくり話でもどうか、と提案したが、西野は「今から新宿に本を買いにマラソンで行ってくるわ」と返したという。そうして、そのまま、走っていってしまったそうだ。

   「それにしても西野君。唯一のお見舞いありがとう。とても嬉しかったです。でも西野君と、もう少しゆっくり話したかったです。今からメロンを食べますね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中